受講申し込みフォーム

※は必須項目です。
ご希望のレッスン

「基本コース」をご希望の方は、こちらもお選び下さい。

受講方法をお選び下さい。
通信レッスン 通学レッスン(吉祥寺教室)

お名前 姓: 名:
ふりがな せい: めい:
生年月日 例) 1981年2月21日→19810221
性別 男性 女性
住所 -
TEL - -
FAX - -
E-MAIL

※確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。

職業 事務職 事務系専門職 販売 サービス業 自営業 自由業 フリーランス
教員 講師 学生 主婦 その他
ご意見・ご質問
アンケート お花は初めてです
お花を習っています(年数: 年)
お花の資格を持っています(資格の種類: )
将来お花の仕事をしてみたいです
資格を取りましたが生かせていません
色の組み合わせを学びたいです
材料や技術をバックアップして欲しいです
お花を暮らしに取り入れ趣味で楽しみたい
受講規約

coco de class受講規約

(目的)

第1条 coco de class受講規約(以下「本規約」という)は、大久保なおみが提供するアーティフィシャルフラワースクール「coco de class」の運営上の規定及び、当該スクールにてレッスンを受講する生徒が遵守すべき事項を定めるものである。

(用語の定義)

第2条 本規約における各用語の定義は次のとおりとする。

coco de class …大久保なおみが独自のアーティフィシャルフラワーの技術を教授する
スクール及びその認定を付与する母体をいう

認定 coco de classで一定のレッスンを修了し、認定試験に合格した者が取得でき
る、第三者に対してアーティフィシャルフラワー技術を教授できる資格をいう

(受講形態)

第3条 coco de class(以下「スクール」という)が提供するレッスンは以下の方法により受講できる。
…務悒譽奪好
通信レッスン
1dayレッスン

2 通学レッスン及び1dayレッスンは以下の場所にて行うものとする。
‥豕教室
茨城教室

3 通信レッスンは、教材の送付が可能な場所であれば、原則として日本全国及び全世界へ対応するものとする。但し、教材の送付に要する費用ついては全額受講生の負担とする。

(受講形態)

第4条 スクールが提供する通学レッスンの受講形態は次のとおりとする。
^豬遒飽豌鹹度受講できる 「通常受講レッスン」
⊃瑤月毎に集中して受講する「特別集中レッスン」

(コースの種類)

第5条 スクールの提供する通常受講レッスンのコース類型は次のとおりとする。

ヾ靄椒魁璽

イ 基礎科

ロ 本科

ハ 専科

認定コース

イ ウェディング科

ロ 研究科

スキルアップコース

イ 和のアーティフィシャル科

ロ 色彩インテリア科

2 現在の科目を修了した後、次の科目の受講を希望しない者は、現在受講している科目が修了する前までに、受講を希望しない旨をスクールに通知しなければならない。

3 前項の通知をせずに受講生が第1項各号の受講を途中で止めた場合で、スクールが既に当該受講生のレッスン教材等を準備してしまった場合は、スクールは、その費用を受講生に請求することが出来る。

4 特別集中レッスンは第1項各号のすべてを受講できる。但し、認定を希望しない者は受講することが出来ない。

5 通信レッスンは第1項第1号のみ受講できるものとする。この場合、受講生は第2項及び第3項を同様に遵守しなければならない。

(受講申込み)

第6条 受講生からの受講の申込みは随時受け付けるものとする。但し、受講開始日は、スクールの指定する日からとする。

2 スクールは、正当な理由がある場合には、前項の受講申込を拒否することができる。

(受講料と支払方法等)

第7条 各科目の受講料は本規約末に記載する別紙のとおりとする。

2 受講を希望する者は前項に規定する各受講料を、原則として第1回目の受講開始前までに一括で支払わなければならない。但し、スクールとの協議により別の支払い方法を定めた場合はこの限りではない。

3 受講を希望する科目の受講料を第1回目の受講までに支払わない場合、受講の申込みをキャンセルしたものとみなす。

4 前項の規定により受講をキャンセルした者は、スクールがすでに受講の準備を完了してしまっている部分につき、その代金を弁済しなければならない。

5 受講生が1dayレッスンの受講料を支払った後、当該受講生が受講料を支払ったレッスンを欠席した場合でも、スクールは原則として受講料の返金はしない。

(受講生の責務)

第8条 受講生は、本規約をよく読み、これに同意した後でなければ受講を開始してはならない。

2 受講生は、レッスンを欠席する場合には、原則としてそのレッスン日の7日前までにスクールに連絡するよう努めなければならない。

(禁止事項)

第9条 受講生は、スクールホームページの受講生専用ページに掲載してある全ての情報を、自身で使用する目的以外で、受講生以外の第三者に閲覧、公開し、又は当該ページを印刷したものを掲示、配布若しくはこれらに類する全ての行為をしてはならない。

2 受講生は、レッスンで作った作品をインターネット等で販売してはならない。

3 受講生は、レッスンで作った作品を自身のショップ又は教室において、自分がオリジナルで創作した作品であるかの如く展示してはならない。

4 受講生は、レッスンで作った作品と類似したものを作成、販売してはならない。

5 認定を受けていない受講生は、受講料をもらって第三者にレッスンをしてはならない。

6 受講生は、他の受講生の迷惑となるような行為をしてはならない。

7 受講生は、自身が受講したレッスンをビデオカメラ・スマートフォン等の録画機能付き端末を使用して録画してはならない。また、これらの映像をインターネット上に公開する等のいかなる行為もしてはならない。

8 受講生は、他の受講生に対して、物品の販売・勧誘等の行為を、相手が嫌がっているにも関わらず執拗にしてはならない。

(免責事項)

第10条 受講生がスクールのレッスンを、科目の途中で受講しないこととした場合でも既に納入済みの受講料は返還できない。但し、後日新たに再受講する際の受講料とする事が出来る。

(休会)

第11条 受講生は、自身の都合によりレッスンを一時的に一定期間休む場合には、スクールに通知することにより、休会の手続きをすることが出来る。

2 前項の休会期間は無期限とする。

   3 受講生がレッスンの受講を再度希望する場合には、その1か月前までにスクールに受講再開の申し出をしなければならない。

(退会)

第12条 受講生は、レッスンを止める場合には、その3ヶ月前までにスクールに通知しなければならない。

(損害賠償)

第13条 受講生が本規約に違反する等によりスクールに損害を与えた場合、その損害を金銭にて賠償しなければならない。

(権利関係)

第14条 レッスンで使用する全てのアーティフィシャルフラワーのデザイン等の権利は、大久保なおみに属する。

(準拠法)

第15条 本規約はその効力、解釈及び履行を含む全てにおいて日本国法に準拠する。

(協議解決)

第16条 スクールと受講生は、双方の間に問題が生ずることとなった場合は、信義誠実の原則に従い、互いに積極的な協議をもって当該問題の解決に努めるものとする。

(合意管轄)

第17条 本規約に関連して生ずる一切の訴訟については、水戸簡易裁判所又は水戸地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

以上、coco de class受講規約をここに定める。

平成27年12月1日

coco de class代表 大久保なおみ